企業主導型保育施設 保育ルームすまいる運営、フランチャイズ事業展開のジャパンナーサリーサービス株式会社
ジャパンナーサリーサービス株式会社
9:00~18:00(月~金)(土・日、祝日は定休)

企業主導型保育事業について

事業の目的及び内容

企業主導型保育事業は、内閣府主導により平成28年度よりスタートした事業であり、事業所内保育事業を主軸として、多様な勤労形態に対応する保育サービスの拡大を行い、保育所待機児童の解消を図り、仕事と子育てとの両立に資することを目的としています。

(参考HP) 公益財団法人 児童育成協会

 

本事業の主な内容としては、

①多様な就労形態に対応した保育サービスの拡大を支援するための仕組みである

②市区町村による計画的整備とは別枠で整備可能であり、設置の際や利用の際に市区町村の関与を必要としない

③地域枠も自由に設定できる(利用定員の50%以内)

④運営費や施設整備については、子ども・子育て支援制度の小規模保育事業等の公定価格に準じた支援が行われる

→認可施設並みの助成が受けられ、利用者の負担も同等に設定可能